スタバのコーヒー豆、グアテマラ アンティグアを解説!味や値段も。

大人気のコーヒーチェーン店・スターバックスが送るミディアムローストの華やかな香りが印象的なグアテマラアンティグア

スターバックスの中でも人気が高くまろやかな口当たりと飲みやすさが特徴的なコーヒー豆です。

今回は、そんなグアテマラアンティグアの味わいや値段はもちろんのこと、気になるカロリーやおすすめの飲み方などについても詳しくまとめていきたいと思います。

<スポンサードリンク>

目次

スタバのコーヒー豆、グアテマラ アンティグアってどんなコーヒー?

グアテマラのカサテペケス県に位置するアンティグア。

火山に囲まれた地域であり、コーヒー農園としては100年以上もの歴史を持っている伝統的なコーヒー栽培国です。
グアテマラはコーヒー豆の栽培として知名度の高い地域ですが、特にアンティグアのコーヒー豆は品質もよく香りも高いことで有名です。

メキシコ南部に位置するため、火山が多く熱帯雨林に囲まれた気温が高く乾燥地帯も多い場所です。
コーヒー栽培は、火山の近くにあるアティトラン湖の周囲で行われていることが多く、この暖かい気温と程よい湿度を持った土地柄がグアテマラ産のコーヒーの質を高めています。

ブラックチョコレートのようなほろ苦い、でも味わいの奥にしっかりとした甘味が感じられるのが特徴的で、風味としてはレモンのようなシトラス系のさっぱりとした香りや、後味のスパイス感などが味にインパクトを与えてくれます。

コーヒー栽培の歴史が長いグアテマラ産のコーヒー豆ですので、しつこさがないにもかかわらず、淡白にはなりすぎずコクと旨味を存分に引き出す製法で仕上げられています。

すでにスターバックスのバイヤーが厳選をして選んだコーヒー豆ではありますが、グアテマラアンティグアは農園の工夫やこだわりなどが常に進化しており、味わいにさらなる進化が期待できる一品です。

スタバのコーヒー豆、グアテマラ アンティグアの値段や取扱店舗は?

品質が高いことで知られるスターバックスのグアテマラアンティグアは、現在すべてのスターバックス店舗で取り扱いをしています。

また、スターバックスのオンラインストアでもコーヒー豆の販売をしており、いずれで購入してもコーヒー豆の価格は250gで1240円となっています。

100gあたりおおよそ496円で、スターバックスのコーヒー豆の中では割とスタンダードな値段設定です。

店舗でもオンラインストアでも、通常ですと購入の場合は一袋でホールの状態で用意されています。
そのため、コーヒー豆を購入される方には豆を挽くためのコーヒーミルや抽出のためのプレスやドリッパーが必要になります。

こちらも、店舗、オンラインストアいずれでも別途で購入することができますのでお持ちでないかたは購入をおすすめします。

店舗の場合は購入時にお願いをするとその場でコーヒーを挽いてもらうことができます。
この際、しっかりと希望をお伝えすると粗さも調整してもらえますので、買ってからすぐに飲みたい方やコーヒーミルをお持ちでない方にはこちらのサービスもおすすめです。

苦味、甘味、酸味のバランスがしっかりと取れているグアテマラアンティグアは、一袋の購入をしても飽きがくることもありませんし、来客の際に出しても喜ばれやすい味わいをしています。

豆のひき具合や抽出方法、さらにミルクなどのトッピングの有無によってもいろんな味わいが楽しめますので、コーヒーすきの方にはぜひ、豆の状態で購入したのち、自宅で自分好みにアレンジをしてみることをおすすめします。

スタバのコーヒー豆の買い方については以下の記事で注意事項などを紹介していますので1度参考にしてみてください。

スタバのコーヒー豆の買い方を徹底解説!人気の理由も!

スタバのコーヒー豆、グアテマラ アンティグアの味やカロリーは?

スターバックスの中でも人気の高いグアテマラアンティグアは、味のバランスがとても良くミディアムローストの仕上がりが飲みやすさをさらに高めてくれています。

コーヒーは通常、苦味が一番最初に感じられる、追って酸味や甘味が、スパイシーさなどがコーヒーの銘柄によって感じられることが多いです。

種類によっては酸味がほとんどなかったり、ブラックでも甘味が強調されているようなコーヒー豆もあり、その個性によって人の好みも変わってくるものなのですが、グアテマラアンティグアの場合には甘味、酸味、苦味のバランスがとても良く総合的に万人から好かれやすい飲みやすさを持っています。

口当たりはマイルドで一口目の第一印象はブラックチョコレートのようなほろ苦い甘さ。
コクも深くて濃厚でありながら、しつこさはなく苦味があまり得意ではないと言う方にも好かれる味わいです。

口の中にふくむと、華やかでフルーティなさっぱりとした香りが鼻なら抜けていく印象で、後味に口の中をすっきりとさせてくれる程よいスパイスが効いています。

味わいのバリエーションが多く、複雑に思うかもしれませんが、ひとつひとつの味がしっかりと感じられ、苦味から甘味、そして酸味と最後のスパイシーさというように順に口の中を楽しませてくれます。

火山近くで栽培されている歴史深いグアテマラ産のコーヒー豆らしく、感情豊かで味わいひとつひとつの主張はしっかりと、しかし最終的なバランスは程よく保たれている仕上がりとなっています。

<スポンサードリンク>

スタバのコーヒー豆、グアテマラ アンティグアの楽しみ方やおすすめのカスタマイズは?

グアテマラアンティグアミディアムローストで仕上がっていますので、豆の挽き方はやや細挽きがおすすめです。

好みによりますが、コーヒーを抽出する際は85度前後のお湯でゆっくりとおろすと香りも立ちやすく旨味が逃げにくいです。

コーヒーの抽出の際はプレスや三口ドリッパー、ネルドリッパーなどがありますが、グアテマラアンティグアの味わいを最大限に活かすためには細かく抽出することができるネルドリッパーがおすすめです。

最初は挽いたコーヒー豆を蒸らすようにゆっくり少しずつお湯を注ぎ、なじんできたらコーヒーがおりていくのに合わせるようにお湯を注いでいきます。

基本的にはホットでいただくことがおすすめなグアテマラアンティグアですが、好みで氷を入れてアイスコーヒーでいただくのも良いでしょう。また、ブラックの状態ですとほぼカロリーが0のグアテマラアンティグアは、好みでミルクやシュガーを加えても非常においしくいただけます。

他にも、ホットで淹れたグアテマラアンティグアにクリームを乗せて軽く溶かしながらいただいたり、好みでチョコレートソースなどをカスタムしてもおいしくいただけます。

総合的なバランスが取れているからこそ、カスタムもしやすく自分好みの味わいに仕上げやすい種類のコーヒー豆となっています。

スタバのコーヒー豆、グアテマラ アンティグアのまとめ

いかがでしたか?

スターバックスが厳選するグアテマラアンティグア

ちょっとしたティータイムに…ランチに合わせて…急な来客にも…いつでもどこでも楽しむことができる万能なコーヒー豆です。

自分へのご褒美としてはもちろんのこと、贈り物やお返しにしても絶対に喜ばれるグアテマラアンティグアは是非一度、お試しいただきたい逸品です。

スタバの新作ドリンクやフード、グッズの一覧はまとめ記事からどうぞ↓↓
【2020年】スタバ新作ドリンク・グッズ・フード一覧まとめ!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる